オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「集中して聞いている」と言いたいときの英語表現

eeee
ブログ翻訳 - all ears こんにちは。
hanaso教材部です。
本日もブログへようこそ!

皆さんは、友達や同僚とお話することは好きですか?
自分は聞き上手だと思いますか?

今回の表現はそんなあなたに役立つと思います。
“all ears”について学びましょう!

“all ears”
集中して聞いている

誰かに “all ears “と言う場合、その人の話を聞く準備ができていて、そこに集中していることを意味します。

また、この表現を使って、誰かが注意深く話を聞こうとしていることを伝えることもできます。

例文をチェックしてみよう!

〈会話例1〉
Colin:Bob, may I talk to you for a second?
コリン:ボブ、少しお話があるんだけどいいかな。

Bob:Sure. What is it about? I’m all ears.
ボブ:もちろん。どんな内容?聞かせて。

〈例文1〉
Jen:My parents were all ears when I told them stories about our school excursion.
ジェン:僕が修学旅行の話をした時、両親は夢中になって聞いてくれていたよ。

〈例文2〉
Alice:The audience were all ears when the company’s CEO announced its new products.
アリス:CEOが新製品を発表した時、観客は集中して耳を傾けていました。

〈例文3〉
Yuka:I expect everyone to be all ears during today’s team meeting.
ユカ: 今日のチーム会議では皆が集中して聞いてくれることを期待しているよ。

プチ情報

この表現は、誰かの話に集中して耳を傾けていることを伝えるために広く使われています。
18世紀に出版された英語の本でこの表現は初めて使用されましたが、由来は明確ではありません。

聞くときには当然耳を使っていますが、この表現は、話している人に耳を傾けていることをより強調する際に役立ちます。



私たちはほとんどの時間、何かを聞くことに費やしているため、会話の中では話し手に”All ears”することが大切です。

本日もブログを読んでいただきありがとうございます。
また次回のブログでお会いしましょう!

関連記事

コメントは利用できません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト