オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【20選】”very”の使いすぎに注意しましょう。

こんにちは。hanasoスタッフのChayです。

早速ですが、”very”という単語を使いすぎていませんか?
“very”は形容詞や副詞を強調させるためによく使われていますが
実はあまりいい印象はありません。

語彙力を増やすことはとても大変ですが、下記の名言を読んでから
「このままじゃだめだ」と思うようになりました。

「だから、’very’という言葉は、文章が怠惰になるから使ってはいけない。
very tired(すごく疲れた)ではなくて、exhausted(疲弊した)なんだ。
very sad(とても悲しい)を使うのではなく、morose(陰鬱な)を使いなさい。
少年たちよ、言語というものは、1つ理由によって造られた―それは、女性を口説くためだ。
その努力のなかでは、怠惰であることに何の意味もない。君たちのエッセイでもそうだ。」

故ロビン・ウィリアムズ氏の「Dead Poet’s Society」という映画にて

ずばり、veryを避けるは語彙力を向上させることが必要ですし
一つ上の単語を覚えて意味をしっかり理解すれば、自然に使いこなせるようになりますので
とてもスマートにみえます。 そして上手く女性を口説けます

だから早速下記の単語を覚えて、スムーズに言えるまで練習を続けてみてください。


verywise
veryworried
veryugly
veryweak
verytired
verystupid
verysmall
verygood
verykind
veryafraid
veryneat
veryangry
verynoisy
veryrude
veryserious
veryshy
veryexquisite
verydirty
verycold
veryclever

hanasoはご利用者の90.4%にご満足いただいている
人気オンライン英会話スクールです。
体験レッスンを2回ご用意しておりますので、
ぜひ体験レッスンをお試しください。
kids_default_slider1
いかがでしたか?

Chayは個人的にこのリストの中でも、ImmaculateとExquisiteという言葉が好きです。
今では自然と口から出るようになりましたが、その他の単語はまだまだ練習中です(笑)

それでは、またね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト