オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「~を隠して(秘密にして)おく」と言いたいときの英語表現

eeee
brooke-cagle-ZuQnhpFjvHI-unsplash (1) こんにちは。
hanaso教材部です。
本日もブログへようこそ!

あなたはサプライズが好きですか?
ずっと前から何かをしようと思っていましたか?
今回は“keep ~ under wraps”について勉強しましょう!

“ keep ~ under wraps”
~を隠して(秘密にして)おく

何かを“keeping something under wraps”と言う場合、他の人の目から何かを隠していることを意味します。
この表現は、あるアイデアを秘密にしていることを言うときにも使われます。

例文をチェックしてみよう!

Edward:During the pre-season, some coaches keep their new players under wraps so other teams won’t be able to scout them.
エドワード:プレシーズンの間、他のチームにスカウトされないように、新しい選手を隠しておく監督もいる。

Alex:The company has kept the design of their new smartphone under wraps. Nobody was able to predict what it would look like.
アレックス:会社は新しいスマートフォンのデザインを伏せています。誰もどのようなものになるのか予想がつかなかったです。

Jackie:The couple have been keeping their engagement under wraps until now. Everyone was surprised when they announced their wedding plans.
ジャッキー:そのカップルは今まで婚約を秘密にしていました。結婚の予定を発表したときは皆驚きました。

プチ情報

“keep something under wraps”というと、新製品や発明を公開するときに使う言葉が始まりかと思いがちですが、実は1800年代後半に競馬で使われたのが始まりだといいます。

当時、騎手の中には、レース中に馬をゆっくり走らせるために手綱を手に巻き付けて走る者がいました。
そしてレース終了間際に手綱を話すと、馬は全速力を発揮し、さらに早く走るようになります。
これは、レース中に対戦相手やファンを驚かせることになります。



計画を公にするべきだという人もいますが、私は“keeping some of our goals under wraps”ことも必要だと思います。

その方が他人からプレッシャーを受けることなく、目標達成に集中できるからです。
皆さんが早く目標に到達することを祈ってます。

本日もブログを読んでいただきありがとうございます。
また次回のブログでお会いしましょう!

関連記事

コメントは利用できません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト