オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「決めてくれ」と伝えたい時の英語表現

take it otr leave it こんにちは!
hanaso教材部のアンジェラです。
ブログへようこそ。

今日は、交渉する際に
役立つ一般的な英語フレーズついてお話しますので、学んでいただけたらと思います。

もしもあなたが提案する取引について、
締結して最終的なものにしたいなら
“Take it or leave it”と相手に伝えることができます。

以前にこのフレーズを聞いたことがありますか?

「決めてくれ」と伝えたい時の英語表現

下記会話例を見てください。

Jade: It’s a really nice computer and it looks premium. I’ll give you $300 for it.
ジェイド: とても素敵なパソコンで高品質に見えるわ。これに300ドル払うわ。
Pearl: I can’t do $300. That’s a little low. You did say it looks premium, and it really is. It can get everything done with ease.
パール: 300ドルはできないわ。それは少し安いわよ。あなたが高品質って言ってる通り、本当にそうなのよ。なんでも簡単にできるの。
Jade: Well, how about $340? That’s the highest I can go. Take it or leave it.
ジェイド: じゃあ、340ドルはどうかしら?これが私が出せる最高額よ。どうするのか決めてちょうだい。

上記の例文では、ジェイドはコンピューターを購入したい状況です。
彼女はPealに300ドルで提案しました。
パールは実際のコンピューターの価値と比べると少し安すぎると考え、この提案を断りました。
ジェイドは提案した価格を引き上げることを決め、340ドルが彼女が出せる最高額であることを明確にしています。
そして彼女は“Take it or leave it”というフレーズを使い、パールにその提案を受けるか断るかどうか決めさせます。

パールが実際に提案を受けたかどうかはわかりません。
交渉するとき、常に欲しいものが手に入るとは限りませんが、
このフレーズはあなたにとって良い取引に役に立つでしょう。


今日はここまでです!あなたがこのフレーズを気に入ってくれればと思います。
ブログを読んでくれてありがとうございます、そして交渉がうまくいくといいですね!
また次回お会いしましょう。



関連記事

コメントは利用できません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト