オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「~の典型的な人・~に秀でている人」と言いたいときの英語表現

cup-211240_960_720 (1) みなさん、こんにちは。hanaso教材スタッフのMapleです。
本日も便利な英語フレーズをご紹介いたします。

poster child
~の典型的な人・~に秀でている人・~の見本/お手本


このフレーズは、募金集めのためのポスター写真に使われる難病の子供が語源ですが
現代では使い方や意味が異なっています。”poster child”はある人が何かに秀でていて、
その能力を褒めるときに使います。

下記会話例をみてください。
Hannah:You’re such good in swimming. I envy you.
ハナ:泳ぐのが上手だね。羨ましいよ。
Marcus:Nah, I’m an average swimmer in my opinion.
On the other hand, you’re a poster child for learning languages.
You speak 5 languages fluently. I really envy you for that.
マーカス:いや、僕から言わせりゃ普通だよ。
一方で君は言語習得の天才じゃん。流暢に5つの言語が操れる。本当に羨ましいよ。


マーカスに「天才」と呼ばれるほどですから、ハナは言語習得の分野では秀でていますね。
また、ハナは女の子なので”poster child”ではなく”poster girl”(天才少女)と呼ぶこともできますよ。

このフレーズは褒めるときだけではなく、皮肉な発言をするときにも使われます。
下記会話例をみてください。
Kristine:What’s wrong with that new doctor? I really dislike the way he talks to his patients.
He’s even more rude towards his staff.
クリスティーン:あの新しい医者はどうかしてるわ。患者に対する話し方が好きじゃない。
それに部下に対する話し方がもっとひどいのよ。

Victor:I know what you mean. He’s the poster child for bad manners.
ヴィクター:言いたいことは分かるよ。彼はマナーが悪い人の見本さ。


いかがでしたか?
極端に言えば、このフレーズは子供だけではなく大人に対しても使える
という点を覚えておいてください。このフレーズはニュースやインタビュー記事などに
よく登場しますので押さえておくといいでしょう。
それでは、またね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト