オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ずっと~しようと思っていた。」と伝えたい時の英語表現

eeee
have been meaning to こんにちは!
ブログへようこそ!

hanaso教材部です。

皆さんはずっとやりたいと思っていることがなかなか出来なかったことはありませんか?
忙しくてやれないことってありますよね。

私は長い間、海外にまた行きたいと思っていましたが
ついに来月行けることになり航空券を買いました!

今日のフレーズは、私のような状況の時に使うことができますよ。

それでは “I’ve been meaning to”について勉強しましょう!

「ずっと~しようと思っていた。」と伝えたい時の英語表現


このフレーズは、長い間やりたかったのに、する時間がなかった時に使われます。

下記例文を見て下さい。
“I’ve been meaning to get in touch with an old friend of mine, but I have to study for a test.”
昔の友人にずっと連絡を取ろうと思っているのですが、テスト勉強をしなければなりません。

“She’s been meaning to cook dinner for her family, but she always gets home late.”
彼女は家族に夕食を作りたいとずっと思っているけれど、いつも帰宅が遅いです。

“We’ve been meaning to finish fixing my car with my friends, but we don’t have the time to meet.”
友達と一緒に車の修理をしたいとずっと思っているのですが、会う時間がありません。

ここでの文法のポイントは、“have been meaning 不定詞(to +動詞の原形)です。

覚えておく必要があるのはこれだけです。

そして、最終的にやりたいことを実行できるようになったら
そのことを“got ‘round”と言うことができます。

いくつか例文を見てみましょう。

“I got ‘round to get in touch with my friend.”
やっと友人と連絡がとれたよ。

“She got ‘round to cook dinner for her family.”
やっと家族に夕食を作ることができたよ。

“We got ‘round to finish fixing my car.”
やっと車の修理を終えたよ。


“around”ではなくて“’round”を使ったことに気づきましたか?
ネイティブはこのように使いますよ!


今週のブログはここまでです!

ずっとやりたかったことができたらいいですね。
また次回のブログでお会いしましょう!

またね!

関連記事

コメントは利用できません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト