オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペルがややこしい8つの英単語とその対策

こんにちは。
hanaso新人スタッフのChayです。

今の時代は、スペルを間違えてもスマートフォンやタブレット等に自動スペル機能が
搭載されているので安心ですが、紙に書くときはそんなものには頼れないですよね。

だから、正しいスペルを覚えることに越したことはありません。

本日は、数々の英単語の中からでも最もスペルがトリッキーな8つの単語を集めました。
早速、本題に入りましょう!

pexels-photo-834897

1.Necessary


私はこの単語を書く際、cが2個だったけ、sが2個だったけ・・とよくなります。
解決策はいたってシンプル。袖が一つしかないTシャツを着ようとしている自分を
想像してみてください。着れるわけないですよね?だってTシャツはcollar(袖)が1つ(c)と
袖が2つ(twosleeves=s)がないといけないからです!意味分かりましたか?(笑)

2. Stationary vs. Stationery


この2つの言葉はスペルがとても似ていますが、意味は全く異なっています。
Stationaryは静止した状態を表していて、Stationeryは文房具を意味しています。
見分け方は、stationのあとの-aryと-ery.
文房具で“e”から始まるものには、”eraser”(消しゴム)とenvelopes(封筒)がありますが、
そう考えれば、文房具を意味する言葉が”e”ry-で終わる言葉の方であることが瞬時に分かりますね。

3. Separate


この言葉は、セパレイトよりも、セぺレイトと発音しがちです。
だからよく”seperate”とスペルされちゃいます。
”a”が2つあるという風に覚えればミスを防げますね。

4. Affect vs. Effect


「出たー」と思った方々が多いかもしれません。
たった一文字の違いなのに、意味は異なっておりますし混乱を招く言葉ですよね。
最初の文字に気を付ければ大丈夫。”a”から始まる”affect”は「~に影響をもたらす」という
動作を示していることに対し、”e”から始まる”effect”は一連の出来事の効果
または影響を指します。

5. Embarrassed


この言葉をスペルできないって実に恥ずかしくないですか?
“r”と”s”の個数が非常に悩ましい言葉ですが、この単語は”r”と”s”が2個ずつあります。
そう考えれば、ミスペルを防げますね。

photo-1520066975094-c321ec00637d

6. Compliment vs. Complement


“compliment”は「褒め言葉」を意味することに対し、”complement”は「補足すれば完全になるもの」という意味を持っています。
例えば”Cheese complements with wine.”
「チーズがあってこそワインだ」という使い方です。”compl”のあとに
配置する文字(“i”か”e”)で意味が完全に分かれる言葉です。

7. Accommodation


文字の個数が悩ましい言葉です。”c”が一つなのか”m”が二つなのか・・。
実は、”c”と”m”どちらも2個ずつ付きます。とは言ってもすぐ忘れてしまいますよね。
だから一気にこう覚えましょう!
「“accommodation”は“CM”が2個ずつある」
5回以上繰り返してください。キャッチーなので、記憶に残るはずです。

8. Dessert vs. Desert


これも非常に悩ましいですよね。一歩間違えるだけでケーキが砂浜になってしまいます。

美味しそうなチーズケーキが目の前にあることをイメージしてください。
物足りないのでついでにパフェも欲しくなりませんか?
デザートは多ければ多いほど楽しいですよね。
だから、”s”が多い方がデザートだと覚えてしまえば混乱しにくくなると思います。


いかがでしたか?
みなさんはどの英単語をよく見間違えたり、ミスペルしますか?
気になったことをすぐに調べたり、講師に聞いたりして
早い内に解消させたほうがいいですよ!

それでは、また次週お会いしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト