オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「大目に見てあげる/許してあげる」と言いたいときの英語表現

eeee
こんにちは。
hanaso教材部です。
学校や職場にある規則には従わなければなりません。
ただ正当な理由により守れなかった場合はどうでしょうか。
本日は、そういった場面で使えるフレーズをご紹介いたします。
photo-1541199249251-f713e6145474

Cut somebody some slack
大目に見てあげる/許してあげる

このフレーズは、人をいくつかの規則から
解放された状態にしてあげることを意味しています。

また、この表現は友人との間でのやり取りや、親しい人の間で使われているので
上司など目上の人には使わないようにしましょう。

下記例文を見てください。
Henry:David was late twice this week. Should I talk to him?
ヘンリー: デビッドが先週2回遅刻したんだ。話すべきかな?
James:Cut him some slack. His wife just gave birth.
ジェームズ:大目に見てあげなよ。彼の奥さんが出産したばかりなんだ。

この状況における正当な理由とは、先週2回遅刻したヘンリーの妻の出産になります。
会社に遅刻することはいけないことですが、ジェームズは子育ての大変さを考慮して、
デビットに「大目に見てあげなよ」 と伝えています。

なお、このフレーズでの”cut”は「切る」ではなく「~してあげる」という意味を持っていますので、
“cut”を”give”に置き替えることもできます。

下記例文を見てください。
Erica:Mom! I tried out for varsity, and made the team!
エリカ:お母さん!(大学の)代表チームに入れたよ!
Gina:What? Who said you can join varsity?
How can you focus on your studies if you’re in a team?
ジーナ:何?誰があなたに参加していいって言ったの?
入部したら学業にどうやって専念できると思う?

Samuel:Gina, give your daughter some slack.
She’s been a diligent student. I know she’ll do well.
サムエル:ジーナ、許してあげなよ。
彼女はいつも勤勉な生徒だ。
今回もきっと上手くやれるよ。



いかがでしたか?
このフレーズは、日常会話でよく使われていますので
ぜひ覚えておいてください。
それでは、また来週お会いしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト