オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「(主に戦争で)死ぬ、(試合などで)完敗する、だめになる」と伝えたい時の英語表現

bite the dust こんにちは。ブログへようこそ。

hanaso教材部のアンジェラです。

今日は有名なロックバンド、Queenによって使われたこともある一般的な慣用句についてお話しましょう。
彼等の曲、“Another One Bites the Dust”という曲を聴いたことがありますか?

聞いたことのない方は是非聞いてみてください!
そして、 “bite the dust”が意味することを一緒に学びましょう!

“bite the dust”は、もとは、地面に倒れること(文字通り、地面の埃を噛むこと)の意味でしたが
今は一般に「死ぬ」ことを意味しています。
また、「完敗する」「だめになる」等の意味もあります。

「(主に戦争で)死ぬ、(試合などで)完敗する、だめになる」と伝えたい時の英語表現

下記会話例を見てください。

Matthew: My grandfather was the best and bravest soldier in the First World War but sadly, he bit the dust in the Second. He was a hero.
マシュー:私の祖父は世界第一次大戦で最も勇敢だった最高の兵士だったけど、悲しいことに、第二次世界大戦で亡くなったよ。彼はヒーローだった。

Dominic: I realized that this contest is going to be hard for me. I’m not that smart. I’ll easily bite the dust.
ドミニク: このコンテストが僕にとって難しいことに気づいたよ。僕はそんな賢くないよ。簡単に失敗するよ。

Katrina: I really tried to make my previous relationship work but I guess, just like all my past relationships, another one bites the dust.
カトリーナ: 前の恋でも本気で関係を修復しようとしたけど、過去の恋愛と同様に、今回もダメになると思うわ。

Nick: I didn’t work this hard just to fail now. I have always been a fighter and I will not bite the dust so easily.
ニック: 失敗するためだけに一生懸命働いたのではない。僕はいつも諦めずに挑戦してきたし、簡単には失敗できない。

上記例文では、死や失敗を言及するために慣用句を使っています。
この慣用句は2つの意味を持っているので
使用するときに注意して使ってくださいね。


今日はここまでです!
ブログを読んでくれてありがとうございます。

次のブログでお会いしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト