オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

‘Everyone’と’Every one’の違いって何だろう?

rawpixel-com-196464 こんにちは。hanasoスタッフのChayです。
本日のトピックは、’Everyone’と’Every one’の違いです。
早速、この2つの言葉の使い方について説明いたします。

Everyoneの場合

グループの「みんな」、「全員」のことを指すときに使います。
文中の”everyone”の代わりに”everybody”が使えれば、使い方が正しいと言えます。

下記例文をみてください。

He talked to everyone involved.
彼は関係者全員に話した。

Every oneの場合

グループの「一人一人」のことを指すときに使います。
文中の”every one”の代わりに”each one”が使えれば、使い方が正しいと言えます。

下記会話例をみてください。
Every one of them had a beer.
彼ら一人一人、ビールを飲みました。
hanasoはご利用者の90.4%にご満足いただいている
人気オンライン英会話スクールです。
体験レッスンを2回ご用意しておりますので、ぜひお試しください。
kids_default_slider1
いかがでしたか?
曖昧なことは放置しないで、積極的に調べましょう。
次回の更新も楽しみにしていてください。
それでは、またね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト