オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゼロから始める」と言いたいときの英語表現

photo-1497005367839-6e852de72767
こんにちは!明けましておめでとうございます。
hanasoの教材部のアンジェラです!
今年から私が英語表現について記事を投稿させていただきます!

新しい年ですが皆さんが気持ち良く、
新鮮な気持ちで、何も問題なく
新年を始める準備ができていることを願っています!

hanasoでは、毎日新たなことを学んでいただいていると思います。
今日は、新しい表現を習って新年を迎えましょう!

start from scratch ゼロから始める


もし皆さんが、昨年やりたかったことが実行できなかったとしても、
始めるのに決して遅すぎることはありません!
『start from scratch』(ゼロから始める)とは、
目標のゴールに向けて計画を始めること、
積み重ねること、そして達成すること。という意味が込められております。
それはまるで、自分自身の肖像画を描くようなことです。
真っ白な紙に、枠を描き、その後に細部を描いて色を加えるこのとできるでしょう!


下記例文を見てみましょう。
Anna:My book sale business didn’t do well last year. I had a lot of books to sell but nobody was buying them from my store.
アンナ:昨年、私の本を売るビジネスが上手くいかなかったの。たくさんの本を持っていたけれど、誰も私の店から買ってくれなかったの。

Gabriel:That’s too bad but you can always try a different business! You’ll have to start from scratch and work your way up.
ガブリエル:それはお気の毒に。でも、いつでも違うビジネスに挑戦できるよ!ゼロから始めて築き上げてかなきゃならないね!

アンナは、店にたくさんの在庫があったにもかかわらず、本を売る仕事が昨年成功しなかったと言っています。
彼女の友達のガブリエルは、ほかの仕事に挑戦するように提案しました。
しかしそれには、いくつもの努力をしなければいけません。
なぜならば、彼女はすべてのことを始めなおさなければいけないからです。

scratch の語源は、18世紀後半のスポーツ界にさかのぼります。
その頃に、スタートラインをひっかいて掘られグランドにマークが付けられました。
クリケットが始まったころは、
打者が待機する場所に線が掘られて境界線のようなものになってました。

もう一つの会話例をみてください。
David:I’ve always wanted to play the guitar but I don’t own one and I think I might not be able to learn it.
デイビッド:僕はいつもギターを弾きたいんだ。でも、自分のものを持っていないし、習うことができないかもしれない。

Emily:Don’t worry, I can teach you and we can start from scratch by learning how to properly hold a guitar first.
エミリー:心配しないで、私が教えてあげられるし、初めにどうやって正しくギターを持つか学ぶことでゼロから始められるよ。

David: That’s a great idea! Alright, I’m excited to learn something new. Let’s buy a guitar!
デイビッド:すごく良い案だね!うん、新しいことを学ぶことにワクワクするよ。ギターを買おう!

皆さんは、どうやってギターを弾くかご存知ですか。
もしご存知なら、初めから学ぶことは難しくないのではないでしょうか?
もし皆さんが弾く器具を持っていなかったり、
ゼロから始めなければいけないとなると、特にもっと大変です。



時々、私たちは、新しい事への挑戦に臆病になってしまいます。
なぜなら、私たちは成功するのか分からないのですから。
しかしながら、自信をもって積極的にいる限り、
ゼロから始めることは難しいことではないでしょう。

皆さんが何かを始めたとき、
何かを築きあげていくことが本当に楽しいことだと気づくでしょう。
さあ今、皆さんは新たな発想を知っています!
皆さんがhanasoの次のレッスンで、
このフレーズを活かしていただければと思います。

それではまたお会いしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト