オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“Alright”と”All right”でどちらが正しいか答えれますか?

eeee
こんにちは。
hanasoスタッフのChayです。

“alright”と”all right”の区別は多くの人を悩ませています。
答えはいたってシンプルですが、この言葉らを口頭で話すと違いがないので
区別しづらくなります。

本日は、”alright”と”all right”の違いについて説明したいと思います。
pexels-photo-653429

”alright”と”all right”の違い

驚くことに実は”alright”は”all right”を簡略化したもので
正しい表記は”all right”になります。

“alright”は1970年代より徐々に使われるようになっていき
今では正式な単語としてみなしている傾向がありますが
それでも未だに正式な単語として登録されていません。

特にビジネスやフォーマルな場面では、
“alright”の使用を極力避けたほうが無難でしょう。

2語で成り立つ”all right”は形容詞または副詞として使うことができます。
この言葉は「大丈夫、満足な、許容範囲」と様々な意味合いを持っています。

下記例文を見てください。

I did all right, considering all the pressure. (Adverb)
プレッシャーが凄かったけど、上手く出来たと思います。

“alright”is not ”all right”
alrightはall right(大丈夫)じゃないですよ。

“alright”が”all right”で迷ったときは、このキャッチーなルールを思い出し
2語で成り立つ”all right”の方を使うようにしましょう。


いかがでしたか?スッキリしましたか?
“alright”はあまりにもよく目にする単語なので
知ったときは驚きました。

英語は面白い言語であり、数年後には”alright”も
正式な単語として登録される可能性が十分にありえます。

引き続き英語に関するおもしろいことや役立つ知識を
ご紹介いたしますので、また遊びに来てくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト