オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「重い責任のある立場にいる・苦しい立場に追われる」と言いたいときに英語表現

E42YIIC1W8 みなさん、こんにちは。
hanaso教材スタッフのMapleです。

フィリピンは常夏の国なので、外国人の友人にフィリピンの季節の数について聞かれると、
「季節は夏とスーパー夏の2つだよ」と答えています(笑)
そんなスーパー夏は今月から始まっていますが、この時期は学生たちの夏休み期間でもあります。
本日は熱いを指す”hot”に関するフレーズをご用意しました。

Hot seat
重い責任のある立場にいる・苦しい立場に追われる


下記会話例をみてください。
会社での昇格が決まり・・・
You:It’s the hot seat,but I’ll do my best.
あなた:重い責任のある立場ですが、最善を尽くします。

次は、「苦しい立場に追われる」のときの使い方をみてみましょう。

Daughter:Dad, why do you say you’re in the hot seat?
娘:お父さん、何で自分が苦しい立場に追われていると言うの?
Father:Well, Ann, my office has many television reporters asking so many strange questions about work.
父:それはね、アン、私の職場ではテレビ局の放送記者がいっぱいいて、仕事に関して
変な質問をたくさん聞いてくるんだ。

Daughter:Oh no, are you okay, Dad? Maybe you should just skip work tomorrow.
娘:大変、お父さん大丈夫?明日は休みを取った方がいいんじゃない?
Father:I’m okay, they’re just asking questions and it’s my job to answer.
父:私は大丈夫だよ、彼らは質問だけをしているし、それに対して答えるのが私の仕事だから。


いかがでしたか?
“hot seat”は誰もしが通る試練だと思います。
ですが解決策が必ずあるので、最後まで自分を信じてください。

それでは、またね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト