オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

退屈を感じたときの英語表現

こんにちは。hanasoスタッフのKOKOです!

本日は「知っておくと便利な英語表現」をご紹介します。

今回ご紹介する表現は、普段の会話の中で間違えやすい表現です。

相手から誤解を受けないためにも、正しい使い方をマスターしておきましょう!

退屈を感じたときの英語表現

退屈な気分を表現する場合は、boredを使います。

間違って、I’m boringと言ってしまうと、自分が退屈な人という意味になってしまいますので、気をつけてください。「死ぬほど退屈だ。」なんて言いたい場合は、I’m bored to death.になります。



A: I’m bored. Would you like to go for a drink later?

(退屈だな。後で飲みに行かない?)



B: Sure. At what time?

(いいよ。何時に?)



☆I’m bored.=退屈です。



KOKOは”bored”の正しい使い方を知るまで、自分の退屈な気分を表現する時、当然のように

I’m boring.

と言っていました・・・。反省です。



それでは、皆様、また次回!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト