オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽い罰(お仕置き)と言いたい時の英語表現

slap on the wrist こんにちは。
hanaso教材部です。

ブログへようこそ!

罰の重さについて考えたことはありますか?
今日は罰についてのフレーズ“slap on the wrist.”の意味をお話ししましょう。

slap は、文字通り、”はたく”の意味であるのですが、比喩的な表現としても使われています。

顔をはたくのは手首をはたくより痛いですよね。
そのことから手首をピシャリとはたくことは、軽い罰(お仕置き)であることを意味しています。

軽い罰(お仕置き)と言いたい時の英語表現

下記会話例を見て下さい。

Diana: Did you see the news last night? The man did an awful thing, and what did he get, just 2 years in jail?
ダイアナ: 昨夜のニュースを見た?酷いことをした男がたった2年の懲役だって?

Janine: Yeah. I know it’s unfair. It’s a very light punishment for such a huge crime. What he got was just a slap on the wrist.
ジャニーン: そうね。不公平だわ。こんなに大きな罪なのに。なんて軽い罰なの。

上記の例では
ダイアナはひどいことをした男のニュースを見ました。
彼女は男がしたことに対して罰が十分ではないと思っています。

ジャニーンも彼の罪はもっと重い罰であるべきことに同感しており
軽すぎる罰について嘆いています。

他の例文も見てましょう。

Violet: What should I do with my son? He keeps doing the things I told him not to.
バイオレット: 息子に何をすべき?彼にはそんなことをしないよういつも言い聞かせているのに。彼は私がしないように言ったことをいつもしているわ。

Christine: He’s still young, Violet. He still doesn’t have a perfect idea of what’s wrong and what’s right. But if you want to teach him a lesson, it’s better you give him a slap on the wrist.
クリスティーン: 彼はまだ若いわ、バイオレット。物事の善悪についてまだ完全にわかってないのよ。だけど、もし彼に学ばせたいのなら、軽いお仕置きをするのがいいわ。

罰が十分かどうかを判断することは難しいですよね。
罰を受けた人がそこから学んだ後に、その罪が十分であったかを知ることができます。


今日はここまでです!

このフレーズが皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

次回のブログでお会いしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト