オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ギリギリ間に合う」と伝えたい時の英語表現

in the nick of time こんにちは。

hanaso教材部のスタッフです。
ブログへようこそ。

あなたは、土壇場で何かをしたり、終わらせたりした経験はありますか?
または、待ち合わせ場所などへギリギリに到着した、といった事はあります?

それが“in the nick of time”です!

“in the nick of time”は、ギリギリ間に合ったり、成し遂げられた事を意味しますが
基本的には、とても重要な瞬間や場面にギリギリで間に合った、といった場面に使われます。

「ギリギリ間に合う」と伝えたい時の英語表現

下記例文を見てください。

Cristina: It’s really good to know your mother has recovered after suffering from a heart attack.
クリスティーナ: 心臓発作を起こしたあなたのお母さんだけど、回復して本当に良かったわ。

Carl: Yeah. Thankfully, the ambulance arrived in the nick of time. If they had been 5 minutes late that day, she would have died.
カール: うん。幸いなことに、あの日救急車がギリギリ間に合ったんだ。もし5分遅れていたらお母さんは手遅れになるところだったよ。

上記の例では
カールの母親が心臓発作に遭い
救急車が母親が助かるギリギリの時間に到着したことを表しています。

他の例文も見てみましょう。

David: My paper was due midnight. I thought I wasn’t going to make it!
デイヴィッド : 研究論文が午前0時で締め切りだったよ。間に合わないかと思った!

Nick: It’s all right. You sent it just in the nick of time, right?
ニック: よかった。ギリギリ間に合ったんだよね?

今日はここまでです!

ギリギリでも間に合えばいいのですが、時間に余裕をもって終わらせられる方がいいですよね。

ブログを読んでくれてありがとうございます。
また次回のブログでお会いしましょう。

またね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト