オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「素っ気ない/無視する/~に対して冷たく接する」と言いたいときの英語表現

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
みなさん、こんにちは。hanaso教材担当のMapleです。
本日は、怒っているときの感情に関連した英語フレーズをご紹介いたします。

“To give the cold shoulder”

素っ気ない・無視する・~に対して冷たく接する


こちらのフレーズはあなたが誰かに対して怒っていて、
その人を一時期的に無視したり、または無関心だから無視をしている状況にも使えます。
下記会話例をみてください。

仲のいい友人2人が喧嘩していて・・・

Me: Hey, what’s going on between you and Mary?
私:ねえ、マリーとの間に何が起こったの?
You: I don’t know but she’s been giving me the cold shoulder all day.
あなた:分からないけど、彼女は私に対して1日中冷たいんだ。

最初の会話例では、あなたはマリーの気持ちが読み取れないですよね。
大事な友人だからこそ、何とかして仲直りしてほしいものです。

なお、昔の人々は、歓迎する来客には温かい食事を出すものの、
好まない来客に対して冷たくなかった羊の肩肉を提供していたことが
語源だと言われています。

また、あなたはこちらのフレーズの反対言葉が”warm shoulder”または”hot shoulder”
だと予想していませんか?残念ながら、そんなフレーズは存在しません。

“cold shoulder”と共に使える動詞は”give”だけであり、
このフレーズには、名詞や代名詞を加えればOKなので、含んでおいてください。
例) “give them the cold shoulder”、”give John the cold shoulder”

個人的にはおすすめしませんが、その他の使い方としては
このフレーズを動詞として使う方法もあります。
下記の会話例をみてください。

You: I can’t believe you cold-shouldered him. He’s been your best friend for ages!
あなた:彼を無視するだなんて信じられないよ。ずっとあなたの親友だったんでしょ?
Me: Ugh, he cold-shouldered me first!
私:うっ、最初に無視してきたのはあいつなんだよ!




いかがでしたか?
本日ご紹介したフレーズは非常に便利だと思います。

それでは、来週も会いましょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト