オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うっかり忘れてた・失念してしまいました」と言いたいときの英語表現

こんにちは!お久しぶりです。hanaso教材担当のMapleです。

みなさんは常に何かを忘れているような感覚になったことはありますか?
私によく起きることなので、その際は頑張って思い出そうとしますが、
どうやら思い出そうとしていることの
一片さえも脳内から完全に削除されてしまったようで最終的には諦めています。(汗)

そんなときにピッタリの英語表現をご紹介いたします。


そのフレーズは、こちらです。

うっかり
下記の会話例をみてみてください。

You:“I’m sorry I failed to send the email today.”
あなた:今日はメールの送信を失念してしまい申し訳ございませんでした。
Boss: “It’s not the first time it slipped your mind.”
ボス:うっかり忘れてしまうのは今回が初めてではないね。

この会話例では、フレーズ中の代名詞「my」(私の)が「your」(あなたの)に変わったことに気付きましたか?
こうして、他の人が業務をうっかり忘れてしまったときには、
代名詞を「his」(彼の)や「her」(彼女の)に変えることができますよ。

なおこちらのフレーズは、忘れがちな人物名やスケジュールに対しても使えます。
次の会話例では、このフレーズを未来形に変えることで忘れる可能性がいかに高いかを示すことができます。

Your friend: “You better write the date down.”
友人:日付もちゃんと書いた方がいいよ。
You: “I agree. I have a feeling that this wedding party will slip my mind because I’m so busy at work.”
あなた:そうだよね。仕事が忙しいからこの結婚式をうっかり忘れてしまいそうだよ。

こちらのフレーズは日常会話やカジュアルなビジネスシーンで主に使われています。
このフレーズをうっかり忘れてしまうことのないよう、日々の日常会話やレッスンに取り入れてみてください。

気になるのですが、「うっかり忘れ」は日本人にもよくあることでしょうか?
また、あなたがいつもうっかり忘れてしまうことはなんですか?
なんだかフリートークの素材にできそうな話題ですね。




いかがでしょうか?
Chayはちなみにカスタマーサポート部署の中でも
うっかり忘れが断トツに多いので、言われたことや業務を忘れないように
しっかりとメモに書き留めています。いやー、何とか解消したい悩みですが・・・^^;

それでは、次回の更新を楽しみにしていてください!

See you!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト