オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「~のようです。」と言いたいときの英語表現

こんにちは。hanasoスタッフのKOKOです。

本日は「知っておくと便利な英語表現」をご紹介します!



本日ご紹介するのは、「~のようです。」と言いたいときの英語表現です。



この表現はご存知の方も多いと思いますが、会話の中では必須中の必須の表現のため、ご紹介いたします。

物事を断定するのではなく、柔らかく表現する時にも使えるので、非常に便利な表現ですね。

「~のようです。」と言いたいときの英語表現

主語 + seem + 形容詞で「~のようです。」という意味になります。

lookと訳が同じで似たような表現となりますが、seemは状況や話の内容から察して主観的な判断で述べるときに使い、lookは外見から判断して述べるときに使います。

例えば「彼は真面目そうだね。」と言いたい時に、相手と実際に話してみて真面目そうだと思った場合は”He seems serious.”となります。



A: Have you met the new boss yet?

(もう新しい上司に会いましたか?)



B: Yes, I have. He seems nice.

(はい、会いましたよ。いい人そうですね。)



☆主語 + seem + 形容詞= ~のようです。





この「主語 + seem + 形容詞」は、KOKOがフィリピン人とコミュニケーションを取るときにも、よく出てくる表現です。

主語と形容詞の部分にご自身で単語を入れてみて英文を作り、講師に通じるか試してみるのも良いかも知れませんね。



それでは、皆様、また次回!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト