オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「無理矢理押し付ける・どうしてもと言うなら」と言いたいときの英語表現

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s みなさん、こんにちは。hanaso教材スタッフのMapleです。
本日紹介するフレーズは、BがAに何かを強制させたり、Aがそうしざる得ない状況を
Bに迫られたときなどに使える表現です。

早速、見てみましょう。

To twist one’s arm
無理矢理押し付ける・どうしてもと言うなら


Kim:Hey, Michael, is there any chance you could lend me your car right now? It’s an emergency.
キム:ねえマイケル、今車を借りたりすることはできるかな?緊急事態なんだ。
Michael:Sure! It’s almost out of gas though.Can you fill it up before you give it back?
マイケル:いいよ!でも燃料がそろそろ切れるかも。返す前に満タンにしといてくれる?
Kim:Well, I feel like you’re twisting my arm. But I guess I just have to say yes.
キム:ええ、無理矢理じゃん。でもわかったよ。

借りた車を返すときは燃料を満タンにするのが常識ですが、緊急事態が何のことかも心配せずに、
すぐに燃料の話を切り出したMichaelにイラついていますね。
でもマイケルの条件には応じなければいけません。

次の会話例をみてみましょう。
友人にビールをもっと飲まないかと勧められて・・
You:If you’ll twist my arm.
あなた:どうしてもというなら。


いかがでしたか?
腕をねじられると痛いですよね。
会話例には含まれていませんが、”Don’t twist my arm.” 「無理矢理押し付けないで」という
ニュアンスにすることもできますよ。日常会話によく出てくる表現なので、押さえておきましょう。
それでは、またね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト