オンライン英会話「hanaso」公式ブログ。講師たちの英語レポートやキャンペーン情報等を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関先生コラム|英会話お役立ち】スピーキングに必要な5種類の会話(前編)

【関先生コラム|英会話お役立ち】スピーキングに必要な5種類の会話(前編)
今回はスピーキングの力を分析してみましょう。主に5つの力に分けて考えることができます。

(1)英会話の慣用表現
いわゆる「会話の決まり文句」のことです。

例 What do you do?「お仕事は何を?」

世間では「丸暗記するもの」という前提ですが、hanasoの教材では僕がワンポイントアドバイスをつけることで、無意味な丸暗記を避けているのはご存じかと思います。
また、「きちんと理解する」ことで、口からパッと出やすくなるものです。

(2)瞬発力が必要な表現  
これも広い意味では(1)の慣用表現なのですが、もっと単純にパッと使うような表現です。「あいづち」と考えればイメージが湧きやすいかと思います。瞬時に出てくるようにしておく必要があります。

例 Sure.「もちろん」/That makes sense.「なるほどね」

こういった表現は、資格試験やプレゼンではさほど重視されませんが、普段の会話では大変重要です。

(3)雑談での会話 
きちんとした「方法論」が語られない・教えられない分野ですが、雑談にもパターンがあり、それをマスターすることは大切です。

雑談に対するマインドセット:些細なことでも会話を続ける姿勢
定番ネタ:週末の予定など

こういったことを知り、かつ「ネタの仕込み」をしておくことが必要です。

次回は残りの2つを紹介します。

The following two tabs change content below.
関 正生
慶応大学文学部(英米文学専攻)卒/TOEICテスト990点満点取得
1.授業:オンライン予備校『スタディサプリ』https://studysapuri.jp/
            『スタディサプリENGLISH』https://app.eigosapuri.jp/
2.執筆:著書累計120万部『カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業』など60冊以上。
3.連載:NHKラジオ『基礎英語2』にてコラムを連載(2018~)
4.雑誌の記事執筆:『CNN ENGLISH EXPRESS』『NHK 英語でしゃべらナイト』寄稿多数
5.講演:企業講演/各種セミナー/教師対象「授業力アップセミナー」実施
6.オンライン英会話hanaso 教材監修 http://www.hanaso.jp/
7.DVD授業:全国のTSUTAYAにて33タイトルがレンタル中http://tsutaya-college.jp/

関連記事

コメントは利用できません。

webサイト

hanaso webサイト
【大人向け】hanaso webサイト

hanaso kids webサイト
【4歳~15歳のお子様向け】hanaso kids webサイト